ふたつのリビングを使い分ける | はぴりの!リノベーションプランニング集

はぴりの!の電話番号

リノベーションプランニング

ふたつのリビングを使い分ける

所在地 福岡市南区平和
リノベーション費 275万円
築年月 1979年9月
広さ 82.88平米
間取り 2LDK

リノベーションのポイント

光の届かない個室をリビングに組み込み、広いリビングへと改装しました。キッチンと併せると20帖以上あるリビングスペースを、使用目的に併せて二つにゾーニングしています。

窓側はウッドバネルを貼ってオトナの雰囲気に、もう一方はパステル調の優しい壁紙を貼って子どもたちになじみやすい空間にしています。パステル調の壁紙の下には磁石塗料を塗っているので、子どものプリントや写真もそのまま貼れる仕組みです。

床材を全てチェリーの無垢フローリングに貼り替えたことで、とっても豊かな表情に生まれ変わりました。また、広過ぎた玄関スペースに「クローク」を設置して収納力をアップしただけでなく、その中に電話回線や電気配線を準備することで、家庭内LANの配置が容易に(かつ、ルーターなどを設置しても美観を損なわないように)しています。

キッチンにはIKEA製品をベースにしたオリジナルの家電収納ワゴンを造作。省スペースでも、使い勝手のいいキッチンへと生まれ変わりました。

資産性を検証

今回工事をしたビラージュ平和は、南仏風の瀟洒な雰囲気をもつマンションで、福岡を代表する「ヴィンテージマンション」です。

そんなステキなマンションの一室が古い間取りのまま「キレイ」にリフォームされて販売されていたのですが、今回はお客さまのご希望で「よりヴィンテージマンションに相応しくなる追加工事」をさせて頂きました。

こういう特徴がある物件の場合、高台にある…などの不利な条件に関わらず「ここに住みたい」という強い希望をもったお客さまがおられるので、築年数を経ても「ある一定以下に価格が下がらない」という特殊な状況になります。

ですので、一般的にタワーマンションや駅直結の物件、人気学区、高級住宅地、景観がとても優れている…ような「他にはない」特徴をもった物件は、資産性が落ちにくいと言われています。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

092-980-1100

営業時間 10:00~18:00 (水曜休み)