「シンプル」と「おしゃれ」の混在する家 | はぴりの!リノベーションプランニング集

はぴりの!の電話番号

リノベーションプランニング

「シンプル」と「おしゃれ」の混在する家

所在地 福岡市中央区
物件価格 購入済み
リノベーション費 450万円
管理費・修繕費 不明
築年数 1981年7月
広さ 77.9㎡
間取り 3LDK+S+床下収納

リノベーションのポイント

結婚されたご夫婦が中古住宅を購入し、素敵にリノベーションされたのが10年ほど前のこと。まだ子どもさんがおられなかったので、広々とした1LDKで暮らされていました。

しかし、2人の子どもに恵まれ、いつの間にかそれぞれに個室が必要な状態となってきました。しかも成長に併せて、子どもたち自身の荷物も増えていきます。どうにか住みやすくしたいけど、わざわざフルリノベーションするタイミングではない。

そんなお悩みを抱えたご夫婦に提案したのが、立体的な空間使いでした。ロフトは上部に上がる面倒さと空調の効き難さで敬遠されることもありますが、上手に活用すると意外と心地よい空間を作れますし、なんといっても実際に使用できる占有面積が大きく増えます。

お家づくりは「平面」ではなく「空間」を意識すると、これまで解決できなかった問題に意外なアプローチができるんです。

資産性を検証

前回のリノベーションでとってもステキなマイホームを作られていたご夫婦ですが、当社との打ち合わせ時に「(その瞬間に)こだわり過ぎちゃダメですね」と言われたことが印象的でした。

はぴりの!ではおしゃれで暮らしやすく、しかもコスパを意識したリノベーションを心がけていますが、時にはお客さまに「おしゃれにし過ぎないほうがいいですよ」とご提案します。その理由が「経年による家族のライフスタイルの変化と、好みの変化」がどうしてもあるからです。

とってもカッコいいリノベーションをしても、それが10年後、20年後、30年後に使いやすいか。そのデザインに70代となった自分が住んでも違和感はないか。

こだわりを持つことは大切なことですが、マイホームは10年単位で生活の場となる「箱」です。その瞬間での最高を求めるのではなく、長期的な暮らしを意識することで、生活の満足感と将来的な資産性(コスパ)を高める結果に繋がります。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

092-980-1100

営業時間 10:00~18:00 (水曜休み)