リノベーションだから実現できた住居兼店舗 | はぴりの!リノベーションプランニング集

はぴりの!の電話番号

リノベーションプランニング

リノベーションだから実現できた住居兼店舗

所在地 北九州市小倉北区
物件価格 900万円
リノベーション費 1,300万円
管理費+修繕積立金 なし
築年数 1976年3月
広さ 約107.8㎡
間取り 3LDK+S

リノベーションのポイント

築40年を超える戸建で、しかも20年以上どなたも住んでおられなかった家でしたので、家屋だけでなく庭もかなり荒れていました。しかも、敷地自体には余裕があったにも関わらず、駐車スペースは1台分しかありませんでした。そのため、今回は建物の内外装だけでなく、外溝部分も含めてリノベーションが必要でした。

また、奥さまが自宅で「パン屋」を開店されたいと考えておられたので、一般的な住宅仕様ではなく、一部を「店舗」として使用できるように改装させて頂きました。店舗の場合、行政から営業許可を受けるために様々なルールがあります。それらをクリアしつつ、全体の雰囲気と統一感を持たせる必要があるため、通常の改装と比べてもクリアすべき事項が多数あります。

さらに住居と店舗併用の場合、どうしても予算が上振れしていきます。そこで、今回のお宅では二階部分を中心に大幅にコストカットしたプランニングとなっています。戸建の場合、マンション以上に予算のメリハリを効かせることで、最終的な満足度アップにつながってきます。

資産性を検証

今回の工事では外溝部分(既存庭の土砂撤去とコンクリート敷設、擁壁補強、ブロック塀の撤去及び再設置など)が当社管轄ではなかったのですが、それらを含めるとトータルで1,500万円前後の費用をかけられているとのことです。

購入時の物件価格は900万円でしたので、諸経費と合わせて2,500万円の予算であれば、確かに北九州市内だと新築戸建も視野に入ってきます。しかし、実際には場所と仕様(間取りやグレード)が大きく制限を受けることになります。

特に、今回のような住居兼店舗のようなケースだと「注文住宅」としてフルオーダーすることになりますので、やはり予算は上昇してしまいます。この予算で実現出来たのは「中古住宅+リノベーション」だからこそと言えます。

戸建ではマンションと違って修繕積立金はかからないものの、実際には外装を中心に定期的なメンテナンスが必要です。そのための費用として、一般的なサイズの戸建であっても月額1万円程度の費用を見込んでおくと、いざという時でも安心できると思います。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

092-980-1100

営業時間 10:00~18:00 (水曜休み)