マンションも「オール電化」になりました | はぴりの!リノベーションプランニング集

はぴりの!の電話番号

リノベーションプランニング

マンションも「オール電化」になりました

所在地 福岡市中央区
物件価格 購入済み
リノベーション費 非公開
管理費+修繕積立金 非公開
築年数 1996年11月
広さ 約74.8㎡
間取り 2LDK+S

リノベーションのポイント

築21年のマンションを、スケルトンベースにしてフルリノベーションさせて頂きました。元々の販売時点では3LDKだったお宅を一度リフォームされていたので、今回で3回目の間取り更新となっています。

前回の工事では床の一部など「既存ベース」で工事されていたので、フローリングのレベルが室内に「3段」もあり、生活の大きな支障となっていました。それらの課題を解消しつつ、全体を「広く、明るい空間」とするために床や建具を「白」ベースでまとめさせて頂いたことで、とてもスッキリとした空間に仕上がりました。

また、今回のお宅は元々ガスと電気が併用されたマンションだったのですが、今回の工事で専有部分内を「オール電化」へと改修させて頂きました。戸建では「オール電化」への工事は一般的ですが、実はマンションでも条件が合えば対応可能なんです。もちろん、実施に向けた条件はありますが、ご興味のある方は当社までお問い合わせください。

資産性を検証

お客さまがこちらのマンションを購入された時期と比べて、六本松周辺の人気が大きく高まったことで、不動産の評価額がアップしている(固定資産税も上がっている)物件でした。

東京ではタワーマンション購入者などを中心に、物件を転売しながら住宅を「すごろく」のようにアップグレードされる方がおられますが、福岡ではなかなかそういう状況ではありません。しかし、間違いのない立地を選んでおくと、購入した物件の「資産性」の下落を抑制できることは事実です。

資産性の下落幅が大きいと言われている「新築」と比較すると、こういうエリアの物件であれば、20年後の価値に「2倍」の差がついたとしても不思議ではありません。マイホーム選びでは「いま」だけを見るのではなく、住宅ローンを払い終えた後の生活と資産性を意識しておくことで、将来の生活が大きく影響を受けてくると思われます。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

092-980-1100

営業時間 10:00~18:00 (水曜休み)