家の購入だけは絶対に失敗したくない

理想の家は「一生に一つ」じゃない

「人生に一度の買い物」と考えると、どうしても「他の人と一緒にしておけば、間違いないだろう」と考えるのが日本人です。しかし、大きな借金を背負うマイホームの購入もそれでいいのでしょうか?以前はなんとなく入っていた保険も、現在はちゃんと比較して選ぶ時代になりました。

昔の人は「家は三軒建てて、初めて理想の家になる」と言いました。多くの人は結婚して2人暮らしとなり、その後家族が増えるものの、子どもたちが独立した後は夫婦だけに戻ります。そういうライフスタイルの変化や仕事の変化などを考えると、理想の家を「一生に一度」と考えなかった先人の知恵にもうなずかされます。

マイホーム費用はできるだけ抑えよう

はじめてマイホーム探しを考えた時、年収から算出される「ローン可能額」をベースに家探しをされる方が多いと思いますが、そんなに限度額いっぱいまでマイホームに投資する必要があるのでしょうか?世界で比較しても、生涯年収の3割以上も住宅費に使うのは日本人ぐらいと言われています。

子育て世帯には住宅費以外にもたくさんの支出があります。それに将来、夫婦2人になった時に余裕ある生活をおくるためにも、できるだけ固定費は抑えるべきです。どんなに立派な家に住んでいても、見栄っ張りでカツカツの生活は楽しくありませんよね。「オシャレだけど安くて良いもの」を選んだほうが、生活に余裕が出ます。

長い人生で役立つ、資産にもなるマイホーム選び

私たちは「長い人生で役立つ、資産にもなるマイホーム選び」を提案しています。費用は安いほどよい。

将来は予測できないことが起こりますし、家族構成も変わります。その時々に合った、マイホームとしての住み良さ、そして「賃貸」に出した場合の収益性、さらに「売買」のしやすさを分析し、各物件を評価しています。

もちろん家選びには様々な価値観があるので、すべてのお客さまに私たちの指標が当てはまる訳ではありません。しかし、これからの日本で「なんとなくみんなと一緒に買える最大予算の家を買う」という考えでは、リスクが大き過ぎます。

ポイントは立地と費用

はぴりの!では、これまでマイホーム選びを失敗した方の意見も数多くお聞きしました。その結果、最も大切なポイントが「立地」でした。不便なエリアの物件は、将来「貸すに貸せない」し「売るに売れない」物件となります。それと同時に、ローンの借り方や売買以外にかかる費用などについても、もっと重視したほうがいい・・・と思っています。

新築のモデルルームやパンフレットでは、物件のプラス面ばかりがアピールされています。しかし、不動産のように大きな買い物をする以上、プラスとマイナスの情報をきちんと把握したうえで「家選び」をすることが大切です。

そして、そのコーディネートをはぴりの!はお手伝いしています。物件選びから建物状況診断、リノベーションプランのご提案、そしてファイナンスについても経験豊富なアドバイザーがしっかりサポート。将来「買って良かった!」と思えるマイホーム探しをお手伝いします。

これからの時代の
マイホーム購入

設備の置き換えではない
毎日がワクワクする暮らし