ブログ

新年挨拶&マイホーム選びのポイント

新年あけましておめでとうございます。

福岡は雪の元旦となりましたが、枝木につもった雪を見てとても清々しい気持ちになりました。今年一年が皆さまにとってステキな一年になるよう祈念するとともに、はぴりの!も皆さまのハッピーな家作りのお手伝いができるような存在へとさらに成長していきたいと思っています。

20150101

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

ちなみに私事ですが、お正月休みはセールにも行かず、基本的にぐうたら過ごすつもりなのですが(笑)、買いだめた本を一気に読んでしまう…予定ではあります。

そんな中、昨日読んだ本の中にちょっとご紹介したいフレーズがありました。大阪を中心にリノベーションを展開されている「アートアンドクラフト」さんが出されている書籍「スマイ主義」の中から少し抜粋させて頂きます。

sumaisyugi.jpg


(以下、抜粋)

新築マンションのモデルルームや住宅展示場に行くと、説明されるのは過剰な機能や性能のことばかり。洋服を買いにいって、それが自分に似合うかどうかではなく、「この生地は50回以上の洗濯に耐える消臭抗菌加工をしており、さらにご希望の方にはUVカット処理もできますよ」と言われているようなものだ。


(一部略)

お金がふんだんにあれば、土地を買って建築家にオーダーし、自分だけの家を建ててもらえばよいのだが、それができるのは一握りの人で、あまり一般的な話ではない。最近はデザイナーズマンションなるものも出てきたが、気取りすぎのモノや相変わらずコンクリートむき出しのモノが多く、「そこで生活する自分がイメージできない」、「飽きてしまいそう」という声をよく聞く。


(一部略)

暮らし方や家族構成、デザインの好み、望むものによって、住空間に求めるものは大きく変わるもの。アートアンドクラフトによるリノベーションで実現した9組の理想のスマイは、どれもが正真正銘、世界でひとつのもの。住まう人の思いがあふれると、家はこんなに魅力的な場所になる。



こういう考え方に共感してリノベーションした9つの事例が掲載されていました。どちらのお宅も住む人の個性を感じられる、とてもステキなお家ばかりでした。

実際にはぴりの!が提案しているプランと比べると「ちょっと(一般の方が住まわれるにしては)デザイン性が高いかも」という気はしたのですが、マイホームを選ぶ時の「考え方」としてはとても共感出来る内容でしたし、本にする以上は「特徴的」なデザインを選ばれたのかも知れません。

新しい年の始まりに、改めてはぴりの!が「中古住宅のリノベーション」をオススメしている理由をご紹介させて頂きます。

・新築と比べて「半額?3分の2」の価格でマイホームを手に入れることができる

・家族構成や価値観にあわせたデザインで「本当に居心地の良い家」にすることができる

・将来の変化に合わせて「資産面からも家族を支える家」を手に入れることができる



こういうコンセプトは言葉にするとどうしても「カタイ」のですが、実際にお客さまがマイホームを選ばれる時には「難しいことは考えなくても、条件を満たす家作り」をはぴりの!がお手伝いさせて頂きます。

どうぞ2015年が皆さまにとって愛のあふれる、ステキな一年になりますように。

心を込めて。

2015年元日 ハッピーリノベーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA