中古マンションでもオール電化

そもそも「オール電化」ってホントにお得&安全なんですか?

多くの方にとって、オール電化を導入する時の関心事は2点だと思います。一つはガスと併用した場合のコスト比較。そして、もう一つが安全面についてではないでしょうか。既存マンションを「オール電化にする場合」を例にして、考えられるメリットとデメリットを比較してみたいと思います。

オール電化のメリット

ガス代がかからない

基本使用量も含めて「ゼロ」になるため、多くのご家庭でコストダウンが考えられます。ただし、家族構成によっては「思ったほど削減されない(削減にならない)」場合もあります。

お掃除がラク

ガスに比べてコンロのお掃除が楽です。また、ガスコンロは火を使うことでIHクッキングヒーターより大きな上昇気流が発生するので、レンジフードや室内の汚れが増す原因にもなります。

火災の心配が少ない

熱源を電気にすることで炎が出ないため、火災発生のリスクが低減します。

空気を汚さない

ガスコンロはその場でガスを燃焼させるため、Co2を発生させる原因となります。

ガス漏れのリスクがない

宅内のつなぎ込み部分でガスを止めるため、ガス漏れの発生リスクが減ります。

自由化に伴う電気代の下落

九州電力だけでなく、新電力と呼ばれる新たな電力事業者が数多く誕生したことにより、価格の下落が始まっています。近いにうちに生活者が「電力会社を選ぶ」時代がやってきます。

Iot時代への対応がスムーズ

近い将来、家庭内の様々なモノがインターネットにつながり、それらを活用することで生活コストの低減やQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上につながると言われています。スマートメーターの設置やHEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)が普及していく中で、オール電化のメリットは増していくことが予想されます。

ガス代はゼロに!うれしいコストダウン

お掃除がとってもラク♪

火災の心配も少なく、空気も汚しません

オール電化のデメリット

生活スタイルによっては思ったほど電気代が下がらない

オール電化は割安な「夜間電力」を使うことで、全体のコストを抑えるのが基本的な考え方です。ですので、日中に在宅者が多い家(高齢者や小さな子どもが多い家)などでは、メリットが出にくいこともあります。

調理器具の問題

IHクッキングヒーターでもオールメタル対応機器が増加していますが、土鍋などを使われる方には不便が生じます。

停電時に困る

オール電化だと熱源の代替えがないために、停電時には不便を感じます。ただし、災害時に発生するリスクについては、電気・ガスどちらにもあります。

貯水タンク置き場が必要

戸建以上にマンションは占有面積が少ないので、1平米程度の空間でも確保することが難しい場合があります。エコキュートの場合、ヒートポンプユニット置き場の確保も必要です。

設置コストがかかる

ガスコンロよりIHクッキングヒーターの方が一般的には高額ですし、電気温水器やエコキュートの購入費もガス給湯器と比べて割高です。ただし、フルリノベをする時の工事費に関してはどちらにしても大きな差はありません。

電磁波

電磁波が人体に影響があるという方もおられれば、クッキングヒーターなどであれば害はないと言われる方もおられます。国や医療機関、メーカーから明確な指針が出ているわけではありませんが、個人の考え方によってはデメリットとなる場合もあります。

日中の在宅者が多い家だとメリットがでにくい場合も

土鍋などの使用には不便が生じます

タンク置き場を確保できるかどうか

はぴりの!では「オール電化の方が優れている」と考えている訳ではありません。しかし、既存(中古)マンションに住まわれている方も戸建同様に「オール電化を普通に検討できる」ことが大切だと考えています。

次のページ

「マンションのオール電化」モニターキャンペーンを実施中です♪