団地リノベ+ブルックリンスタイル | はぴりの!リノベーションプランニング集

はぴりの!の電話番号

リノベーションプランニング

団地リノベ+ブルックリンスタイル

所在地 福岡市城南区
物件価格 650万円
リノベーション費用 850万円
管理費+修繕積立金 11,000円
築年数 1975年2月
広さ 約75.07㎡
間取り 2LDK+趣味室

物件紹介ムービー

リノベーションのポイント

人気上昇中の「団地リノベ」ですが、実は難易度の高い現場なんです。ほとんどの団地は壁式工法で建てられているため構造壁が多く、レイアウトに自由度がありません。また、壊せない壁が多いということは配管や配電の移設も難しく、見えない部分の設計難易度もアップします。

それでも、今回のリノベーションでは玄関横の1室を土間化し、ご主人が自転車整備をされる趣味室へと大胆に改装させて頂きました。むき出しの躯体に足場板を使ったラフなカウンター、そこに配管やスイッチをカッコよくレイアウトしています。

一方、リビングドアから先は奥さまの好みも交えた優しい空間です。お客さまご自身がペンキを塗られた輸入ドアやオークションで購入されたアンティークの建具が個性を主張しつつも、無垢材(突き板)のフローリングがそれぞれの魅力をつなぎ合わせ、一体感のある空間となっています。

資産性を検証

今回かかった費用1,500万円を35年払いにすると、月々の支払いは41,000円(金利0.80%、元利均等)です。管理費と修繕費、それに駐車場代を足しても月々52,000円。あとは、年間5万円程度の固定資産税が、ランニングコストのすべてです。

確かに、築年数が古いと「住宅ローン控除」が使えない場合もありますが、それを上回る低価格で物件を買える場合には、総合的に満足度は高くなります。

また、築年数が古い物件を購入する際、地震などのリスクに備えて、長期修繕計画などを確認することが大切なことはよく知られていますが、リスク管理的には「建物の強度」を心配するのと同じくらい、もしくはそれ以上に「万が一の際に支払い続けても負担にならないこと(多く借りすぎないこと)」も大切なポイントです。建物の構造的なリスクと、借り入れリスク。そのどちらも意識しておくと、将来の生活が安心できるのではないでしょうか。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

092-980-1100

営業時間 10:00~18:00 (水曜休み)