ブログ

次世代住宅ポイントでお得にリノベーション

消費税が10%になる日が、いよいよ近づいてきました。金額が大きくなりがちなリフォームやリノベーションをされる方向けに、国は「次世代住宅ポイント」という制度を用意しています。

簡単に言うと「消費税はアップするけれど、ポイントを還元するので、そのポイントでお好きなものを買って下さい」という制度です。


はぴりの!で「マイホーム購入+リノベーション」をされる方は、工事内容次第ですが最大で60万ポイントが獲得できる可能性があります!

ただし、獲得にはいくつかの条件があります。


お客様の「属性」によって最大獲得できる金額が変わってきますので、具体的に分けてみましょう。

1.マイホームを購入し、リノベをされる「若者 or 子育て世代」の方は、工事の内容次第では60万ポイントが獲得できます。

2.「若者 or 子育て世代」以外の方がマイホームを購入し、リノベーションをされる場合、最大で45万ポイントが獲得できます。ただし、購入される物件によっては最大30万ポイントとなります。

3.すでにお住いの住宅をリノベーションされる場合、「若者 or 子育て世代」の方は最大で45万ポイント、それ以外の方は30万ポイントが獲得できます。

と、記載しましたが、もちろんこれは「該当する工事を実施した場合」ですので、好きにリノベをしたらこのポイントがもらえる…という訳ではありません。

例えば、現在はぴりの!がモデルルームにしている「白亜館」を例にとって試算してみましょう。


元の間取り(上記)から、フルスケルトンにしてリノベーションした場合(下記)、リノベの費用がおよそ900万円かかっている大規模工事です。当然、最大である60万ポイントが獲得できそうな気がしますが、実際には下記のように「断熱」や「二重窓(内窓)」を設置しなければ最大ポイントにはなりません。


国としては「エコな商品」や「断熱性能や耐震性能をアップする工事」に対し、重点的にポイントを配置しているので、タイルを貼ったり、無垢材の床を使ったりというような「意匠性のアップ」についてはポイント対象となっていません。


また、なにごとも「メリット」と「デメリット」があるように、次世代住宅ポイントも万能ではありません。実は、最大のデメリットは「交換できる製品が限られていて、なおかつ(市場価格と比較して)高い場合が多い」ということです。



こちらで実際に検索して頂ければ分かるのですが、意外と選択が難しいのです。

分かりやすく言うと「グリコのおまけ」や「ミスドのお皿」をもらうために、必要以上に購入することは「コスパが良くない」ように、リノベーションの際にも「次世代補助金があるから満額もらえるようにしたい!」という考えでいくと、実は「コスパの悪い選択」となってしまう可能性もあります。

もちろん、使える補助金や制度はなんでも活用すべきですが、こういった制度を利用する際にはお客様の状況に応じた「見極め」が大切です。

※ 次世代住宅ポイントの獲得数計算については、LIXILのサイト(https://www.lixil.co.jp/next/simulation/reform/)が使いやすいようです。

さまざまな補助や制度も比較検討しながら、私たちはお客様の「無理なく、ムダなく、安心&安全なマイホーム作り」をお手伝いしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA