ブログ

シンプルで美しいワンルームが完成しました

元々は5LDKだったマンションの1室を、ご家族5人が暮らされる1ルームへとリノベーションさせて頂きました。

最初にお客さまと打ち合わせをした際には「どうやって暮らすの?」と思ったのは事実です。しかし、過去にもご自宅のリノベーションを経験されたお客さまは「子どもの成長や家族のライフスタイルの変化に合わせて、間取りは家具などを用いてフレキシブルに変化させれば良い」と言う考えをお持ちでした。

そのため、導入する住宅設備や床材などにはこだわりつつ、お手持ちの家具と全体がマッチするよう検討させて頂いた上で、圧倒的なサイズ感の1ルームへとリノベーションさせて頂きました。



それぞれの対面から見た写真でも、こちらのお宅のスケール感が伝わるかと思います。美しい床材の質感と、無機質なステンレスのキッチンがとてもよくマッチしています。



キッチンはサンワカンパニーのグラッド45です。食洗機はガゲナウを導入頂きました。キッチン自体の質感と直線の美しさが際立っています。

そして、お気づきになられた方もおられると思いますが、こちらのリビングには「段差」があります。現実的な理由としては排水管を敷設するための段差ではあるのですが、それをデザインとして美しく見せるための角度と素材にこだわっています。



実は貼り手の違いによって、床材の種類を変えています。このため、微妙な質感の違いで空間が立体的になっています。その立上り部分にはコンセントプレートを設置して、日々の生活がストレスなく過ごせる仕掛けも盛り込んでいます。


今回はお客様のセンスにも支えられシンプルで、なおかつ美しさが際立つ空間が完成しました。同時に、このような空間で暮らすことができるご家族についても羨ましく感じさせられたお宅です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA