人生をデザインする。
人生をデザインする。

管理費と修繕費は安いほうがいい?

マンションの管理費と修繕積立金。
これってやっぱり安いほうがいいのでしょうか?
そもそもこの2つ、何に使われるお金なんでしょう?
そんな疑問に、はぴりの!スタッフがお答えします。

奥さま

マンションだと、どうしても
管理費と修繕積立金がかかりますよね。
これが結構負担になると思うので、
できるだけ管理費と修繕積立金が
安い物件を探したいと考えています。

はぴりの

お気持ちはよくわかります。
しかし修繕積立金というのは、
建物をきちんと維持管理するための
「貯金」のようなお金なので、
それが安すぎる物件は、実は要注意なんです。

もっと詳しく (クリック!)

管理費は管理人さんの人件費や共用部の電気代、植栽の管理などの費用で、ほとんどは支出される前提の予算です。

一方の修繕積立金は、建物の大規模改修や設備維持の際に使われる貯金のようなお金です。相場と比べて設定が安い物件だと、将来の維持・管理が十分に行われない可能性が高いと思ってください。

ほとんどの場合、販売当初にデペロッバーが安く設定しすぎていることが原因ですが、その後の管理体制の見直しの中で積立額を変更していれば安心です。

ご主人

修繕積立金が大切ということは分かりましたが、
だいたいの平均値とかはあるんですか?

はぴりの

相場については、国土交通省が策定した
「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」
が参考になります。
また、過去の管理について書かれた
「重要事項調査報告書」と、
今後の「長期修繕計画」を
それぞれしっかりと確認することが大切です。

もっと詳しく (クリック!)

修繕積立金はマンションの延べ床面積や構造、総戸数、またエレベーターや機械式駐車場の有無によって、必要額が大きく異なります。

一般的にサイズの小さなマンションや、共用部が豪華なマンション、また機械式駐車場がある物件の修繕金は高くなってしまう傾向です。

過去の管理概要などを記載した「重要事項調査報告書」と、今後の見通しが書かれた「長期修繕計画」は、しっかりと確認しておく必要があります。

しかし、それらの調査には費用と手間がかかるので、一部の不動産業者では契約時(手付金を支払う時)にしか見せないことがあります。買主に知られたくない「不都合な内容」が記載されている可能性もある資料なので、必ず早めに確認するようにしましょう。

奥さま

管理費や修繕積立金は
安いほうがいいというわけではないんですね。
将来の安心のためにも、その辺りの
仕組みを聞くことができて良かったです。
どんなお買い物でも「安いものには理由がある」
ということですね。

はぴりの

そういうことですね。
ただし、エレベーターのない団地など、
管理費と修繕積立金が安くても、
管理が行き届いている物件もあります。

物件の基礎情報をしっかりと調べて、
お客さまに「買ってはいけない物件」を
お知らせするのも私たちの役目なので、
具体的な状況に応じて、
しっかりと確認をさせて頂きます。

第3話 
どっちがいいの?マンションと戸建て
はぴりの!スタッフ
はぴりの!スタッフ

中古+リノベをワンストップでお手伝い

はぴりの!は、資金計画から物件探し、
リノベーションのプランから工事まで、
お客さまのマイホーム購入を
ワンストップでお手伝いします。
まずはお近くの店舗までお問い合わせください。

福岡本店

TEL.092-980-1100

福岡市南区大楠1-5-10

北九州支店

TEL.093-863-9151

北九州市若松区本町1-10-17 HMデザイン内

久留米営業所

TEL.0942-55-2093

久留米市通町105-8