人生をデザインする。
人生をデザインする。

ちょっと待って!住宅ローンを組む前に

住宅ローンはどの金融機関で組むのが正解なのでしょうか?
田中さんは金利が安いネット銀行に惹かれているようです。

ご主人

住宅ローンはいろいろと迷いましたが、
金利が安いネット銀行にしようかなと思っています。

はぴりの

やはり金利の安さは大事ですよね。
少し気をつけて頂きたいのは、ネット銀行の場合、
リノベーション(リフォーム)については
同じ金利で申し込めないこともあるようです。
融資可能な範囲や審査の前提が各社で異なるため、
しっかりと下調べをする必要があります。

さまざまな商品を選ぶ際と同様に、
各社の住宅ローンにもメリットとデメリットがあるので、
ご自身の状況に合った金融機関を
選ぶことが大切です。

もっと詳しく (クリック!)
  • ネット銀行は金利が安く、保証料なども低めです。その一方で、リノベーションに関する融資については厳しい印象があります。
  • 都銀も金利は安いのですが、転職してからあまり時間が経っていない方や、個人事業主の方には厳しい結果になることが多いようです。
  • 地銀の金利は平均的ですが、給与振込口座と一緒であれば使い勝手がいいのと、窓口が多いので申し込み時もスムーズに進むことが多いようです。
  • ろうきんやJAバンクなどは条件さえ合えば金利も安く、融資の対象となる範囲も広いので、使い勝手は悪くないと思います。
  • 信用金庫など規模の小さな金融機関は、自営業の方や審査に少し課題がある方にも、個別相談に乗ってくれることが多いようです。
  • フラット35は長期の固定金利としては魅力的ですが、築年数を経た物件やリノベの内容によっては「使いにくい」のが実情です。条件に合えば、選択肢に入れてもいいと思います。

それぞれのお客様に合った金融機関については、物件が決まった段階でしっかりご説明させて頂きます。

奥さま

住宅ローンを組むと、
いろいろな税金の控除があるんですよね。

はぴりの

最も代表的なのは「住宅ローン控除」です。
この制度は、借入残額の1%を上限に、
借り入れされる方の所得税や住民税から
一定額を減税してくれる制度です。

その他にもリフォームローン控除や、
すまい給付金、各種補助金などがあります。
有効活用して頂けるようご案内します。

もっと詳しく (クリック!)

2019年7月現在、住宅ローン控除の最大額は400万円となっていますが、その適用を受けるためにはおおよそ5,000万円以上のローンを組むのと同時に、年収も1,000万円以上は必要だと考えられます。

福岡の平均的な価格帯のマイホームを取得される場合、10年間での減税額は200~300万円くらいの方が多いのではないでしょうか。

また、住宅ローン控除を受けるためには購入する物件自体にも条件がありますので、全ての方が控除を受けられるわけではありません。また多くの場合、「住宅ローン控除」が受けられる物件は売主が相応の価格設定をしており、対象外の物件はその分リーズナブルになっていることがほとんどです。

ローン控除という「おまけ」につられて、逆に過大に支出してしまうことがないよう、気をつける必要があります。

ご主人

金利の安さも大切だけど、
それだけじゃない指標があると分かりました。
実際私たちにどの金融機関がおすすめなのか、
資金計画と併せてご相談させてください。

はぴりの

もちろんです。
お客さまにあった金融機関をご案内するだけでなく、
対象となる控除や補助金についても、
しっかりとご説明をさせて頂きます。

金利面の優遇をお望みであれば、
一度、一般の金融機関で借りた後、
ネット銀行などに借り換える方法を
検討されてもいいかもしれませんね。

最終話 
リノベーションで人生をデザインする
はぴりの!スタッフ
はぴりの!スタッフ

中古+リノベをワンストップでお手伝い

はぴりの!は、資金計画から物件探し、
リノベーションのプランから工事まで、
お客さまのマイホーム購入を
ワンストップでお手伝いします。
まずはお近くの店舗までお問い合わせください。

福岡本店

TEL.092-980-1100

福岡市南区大楠1-5-10

北九州支店

TEL.093-863-9151

北九州市若松区本町1-10-17 HMデザイン内

久留米営業所

TEL.0942-55-2093

久留米市通町105-8