ブログ

福岡のワンストップは「はぴりの!」にお任せ♪

不動産業界で「ワンストップ(不動産仲介とリノベーション)」を提供する会社が増えていますが、大きく分けて2つの流れがあるように感じられます。

一つは「不動産会社」を出発点とした会社で、もう一つが「リノベーション会社」をベースとした会社です。

数として一気に増えているのは「不動産会社系のワンストップ提供社」なのですが、私たちの肌感覚として、実際に伸びている会社の多くは「リノベーション」からサービスを拡大していった会社のように感じられます。



その最大の理由は「不動産会社の営業に求められる売買のスキル」と「リノベーションのプランを想像し、実現していくスキル」が全く異なる資質だからです。

物件紹介の方法や契約業務など、不動産業界の基本的な業務はフォーマット化されており、実務上、会社によって大きな違いはありません。丁寧に進める会社とざっくり進める会社の差はあれど、どちらも「そこにある不動産を売主から買主に、お互いが納得する価格で引き渡す」ということが業務の柱になります。

一方のリノベーションに、具体的なマニュアルは存在しません。間取りだって好きに変えられますし、既存の新築住宅以上に自由な発想で「私らしいマイホーム」を実現可能です。しかし、だからこそ現場による特性をしっかり把握した上でのプランニングが必要ですし、その必要金額もまちまちです。

さらに、多くの不動産会社がこれまで工事をしてきた「リフォーム(設備の置き換え工事が中心の会社)」と、自由度の高い「リノベーション」では必要なスキルが大きく異なるのが現実です。実際、当社の現場に入ってくれる大工さんたちも「断然、リノベーションの方が難しい」と言っています。

ですので、どうしても不動産会社の「リノベーション」は、壁紙や床材などがいつもより派手な「リフォーム」という雰囲気の仕上がりが多くがちなのです。

もちろん、リノベーションを主体とした会社でも、ワンストップで依頼する先はしっかりと見極める必要があります。その会社が不動産売買に精通していなかったり、銀行や行政との折衝に弱かったり、また、必要な許認可を受けていない会社であれば、高いレベルでの「ワンストップ」は提供できません。





これからの時代の「マイホーム購入のスタンダード」として、私たちがなぜ「ワンストップ」にこだわるのか。その理由が、今回のコンテンツを見て頂ければ少しでも伝わるのではないかと考えています。

実は「おしゃれな空間づくり」や「こだわりの実現」は、予算さえあればそれほど難しいことではありません。それよりも私たちが大切に考えているのは「20年後、30年後まで見据えた満足度の高い家づくり」であり、人口が著しく減少する社会においても「将来の資産となる家づくり」です。

ワンストップサービスを提供する会社の中で、わたしたちはぴりの!がまずは「福岡で一番に選ばれる会社」となるよう、これからも一歩ずつ前進していきます。



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA