ブログ

「モルタルで空間を演出する」際のポイントを知ろう

新しく施工例に追加したお宅を参考にしながら、リノベーションの際にお問い合わせが多い「モルタル仕上げ」について考えてみたいと思います。

まずはこちらが完成したお部屋の様子です。


モルタルの無機質な壁面と豊かな表情を持つフローリングが、とってもマッチしています。このスペースは仕事場として利用される予定なのですが、クリエイティブなワークスペースが完成しそうです。

それでは、続いてはこちらのお部屋の解体後の様子を見てみましょう。



鉄粉の残りやカビも生えていて、衝撃的ですよね。それでも、特別に解体後の状況として「悪い」訳ではありません。築40年程度の物件としては、私たちの感覚では一般的な状況と言えます。

同じように、リビングのビフォー&アフターも見てみましょう。まずは完成後のスッキリとしたリビング空間です。




白ベースの開放的な空間に、フローリングとモルタルの表情がとてもよくマッチしています。キッチン部分とリビング部分で床材を変更したことで、現代的な印象を持つリビングダイニングとなりました。

続いて、こちらが工事中の様子です。



こちらもかなり衝撃的ですよね。

よく、お客さまはリノベーションする前に「リノベ後の壁は、コンクリート剥き出しでいいです」と言われるのですが、実は解体後の状態だとこのくらい「荒々しい」のが現実なんです。



躯体の型枠が残っていたり、鉄管が飛び出していたり、GL工法のボンドが付着していたりと解体後の壁の様子は「千差万別」です。

ですので、どうしても「解体してみないと、正しい工事金額が分からない」という状況が発生しがちです。




施工後の様子だけを見ていると「かっこいい!」という感想で終わりそうなのですが、リノベーション工事の実務でいうと「コンクリートの躯体表し」は、決して単純な仕上げではありません。

こちらの「床」のように、上塗りするモルタルの厚みや仕上げ方法によっても表情は大きく異なります。


そんな一つひとつの仕上げ方法を相談しつつ、お客さまの好みを実現していくのがプロの仕事だと思っています。それと同時に、それらにかかるコストについてもご理解頂いた上で、リノベーションは進んでいくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA