ブログ

【about Renovation】エコキュートと電気温水器の違い

Pocket

リノベーションの際に「電気代が安くなるならエコキュートをつけたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、エコキュートの電気代は電気温水器の「3分の1」くらいで済むからなんです。

メリットだけのように見えるエコキュートですが、必ずしもそうではありません。そこで今回はエコキュートと電気温水器の違いについて、詳しくご説明させていただきます。

 

エコキュートの特徴

エコキュートに必要な設備は「ヒートポンプ(室外機)」と「貯湯タンク」です。ヒートポンプで取り込んだ外気を圧縮して熱を生み出し、わずかな電気を使って温水を沸かします。電気温水器よりも電気代が安くなるのは、使う電気量が少ないからなんですね。

ただし、エコキュートを取り付けるにはヒートポンプと貯湯タンク、両方を設置するスペースが必要となります。また、その2つの機器をつなぐための穴(コア)も不可欠。そのため、なかなかマンションのリノベーションでは、電気温水器からエコキュートへの置き換えは難しい場合が多いんです。


 

電気温水器の特徴

一方、電気温水器は貯湯タンクでヒーターを熱し、温水を作ります。熱源は電気のみとなるので、エコキュートよりも電気代がかかります。

しかし、図で記載しているように貯湯タンクのみを設置すれば良いので、エコキュートよりも省スペースで済みます。なにより、ヒートポンプユニットと接続もいらないので、壁に穴(コア)が不要です。

エコキュートより初期コストも安く、費用を抑えたい場合に選びやすい給湯設備と言えますね。

 

エコキュートと電気温水器、初期費用はどのくらい違う?

気になる価格ですが、エコキュートは本体(定価)が約90~100万円、工事費が15万円くらい。電気温水器は本体(定価)が約50~60万円、工事費が10万円くらいです。

実際はエコキュートも電気温水器も定価で売られることはないため、初期費用はもっと安く抑えられます。ここでは、本体代だけでも約1.5倍の違いがあることを知って頂けたらと思います。

 

エコキュートの電気代は電気温水器の約3分の1!?

お湯を使う頻度にもよりますが、3〜4人のご家庭だとエコキュートの電気代は1か月1,000~1,500円ほど。一方、電気温水器の場合は3,000~4,000円が目安です。ランニングコストだけで、1か月あたり2,000~2,500円の違いがありますね。

特にご家族が多い場合、エコキュートの方がかなり安くなります。外気を圧縮した熱と電気を使うことと、基本料金の安い深夜電力を使うことで、大きく費用を抑えることができるんです。


 

ご家庭にあった給湯設備を

見た目は同じようなエコキュートと電気温水器。

まとめると、エコキュートは初期費用が高く、設置できる場所に課題があるものの、電気代は安く済みます。電気温水器は初期費用が安く、省スペースで設置できるものの、電気代はエコキュートほど安くはありません。

ここまでを読むと、初期費用に差はあるものの「エコキュートにしよう」とお感じの方が多いような気もするのですが、マンションの場合、実際には「簡単に置き換えできない」ことがほとんどです。

マンションの室内外にそもそも電気温水器やエコキュートを設置できるスペースがあるか、構造上の耐荷重に問題がないか、機器を接続する穴があるか…など、クリアすべき技術的な課題が様々あります。

さらに、そもそもマンション自体の電気容量の主幹(使ってもよい電気の総量)が足りているか、個別宅への引き込み容量に問題がないか、管理組合の許可が取れるか…など、クリアすべき前提課題も山積みです。

なかなか自分だけではチェックできない内容も多いと思いますが、こんな時こそ「ワンストップ」に強いはぴりの!にお任せください。

マイホーム探しの時点から、またリノベーションのプランニングの時点からしっかりと既存設備をチェックし、お客さまに適したプランをご提案させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です