ブログ

Stay Home → Enjoy at Home

新型コロナの発生後、世界中でこれまでの「普通」が普通でなくなっています。

仕事や学校に行けない人がたくさんおられる一方で、医療従事者や公共機関で働く方は多忙を極められています。

それでも私たちは社会の一員としてそれぞれの立場で精一杯仕事に取り組み、家では家族との時間を怒ったり、泣いたり、笑ったりしながら過ごしています。

どうしてもふさぎ込みがちな日常だからこそ、さまざまな団体や企業がSTAY HOME(#おうちで過ごそう)というキーワードに合わせて、これからの暮らしを提案しています。

もちろん、明日の生活が不安で「それどころではない」という方がおられるのも理解した上で、私たちは自社の事業と今後の社会のあり方について改めて考えてみました。

当社が一番大切にしている「安心&安全」をベースに、家に関わる支出が自身のイメージする生活レベルに対して「無理のない支払い」となっていること。その上で、暮らしの場であるマイホームが「ワクワク&快適な空間」であること。

会社としての基本的な考え方は、これまで通りで良いと感じています。

しかし、同時に今回の新型コロナの発生で社会と暮らしのあり方を見直さざるを得なくなった中で、家に求められる機能や存在がいままで以上に「カスタマイズされたものであること」が重視される時代となっています。

そこで、私たちはこれからの「新しい時代の暮らしの場」に必要なアイデンティティを「Enjoy at Home」というコンセプトでご提案させて頂きます。



そんなこれからの時代の暮らしを体感いただける新しいモデルルームを、パナソニックの協力を得て現在工事中です。

これまで積み重ねてきた工事実績の中で、私たちはお客様の自由な発想を元に、たくさんの「Enjoy at Home」な空間づくりを行ってきました。

職住一体なのに、二つの空間をゆるやかにセパレートしたマンション

二階に吹き抜け空間を作って、ボルダリングができる家

・ 完全に仕上げる手前で引き渡し、お客様自身で完成させる家

・ 自宅でトレーニングが可能な「パーソナルジムスペース」がある家

・ リビングの一角に「隠れ書斎(ワークスペース)」がある家

・ 都心まで車で30分なのに、入居者専用のプールがあるマンション

総額1,500万円で完成した自転車整備ができる土間がある団地

マイホームは、周りの方から見た時に「えっ?!」と思われることがあったとしても、ご家族みんなにとって住みやすい空間であることが大事です。同時に、社会や経済状況が不安定な時代だからこそ「無理のない支払い」であることも大切です。

私たちはこれから、いままで以上に一人ひとりのお客さまに寄り添ったEnjoy at Homeな家づくりをご提案していきます。

※ 文末となりましたが、1日も早く今回の病禍が収まることを願うとともに、感染された方々の平癒をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA