ブログ

YouTubeでも公開「IoT × ボタニカル」な空間

8月から最新のモデルルームとして公開している「大濠オークマンション」の宅内を、YouTubeでご覧いただけるようになりました。

まずは、宅内全体をご紹介した動画がこちらです。



ボタニカルな暮らしをテーマにしたお宅ですので、インテリアも含めて「リラックスして暮らせる空間」になっています。

今回のモデルルームはパナソニックさんの協力で完成させていますので、宅内の住宅設備(キッチンやお風呂、トイレなど)と建材(フローリングや室内ドアなど)、それに照明器具などはほぼパナソニック製です。

それでも、最新設備のショールーム仕様ではなく、リノベーションならではの風合いを感じていただけるような優しい空間作りを心がけています。

そして、こちらのモデルルームのもう一つの特徴がIoT対応のマンションということです。



新築住宅では採用が高まっているIoT技術を、こちらもパナソニックさんの協力を得て本宅ではできるだけ取り入れています。

・宅外からでもエアコン操作やお風呂の湯張りが可能

・宅内で音楽や照明をスマホでコントロールできる

・電気の総容量を常にコントロールし、省エネに活用

・宅内の様子や来客をいつでも出先のスマホで確認

その他にも、たくさんの機能が盛り込まれたモデルルームとなっています。そもそも、IoTとは「Internet of Things」の省略で、すべての設備や家電などをインターネットにつなげることで、よりよい暮らしに役立つ技術です。

もちろん、これから先の時代、もっともっと技術の進歩が予想されますが、まずはなにごともチャレンジすることが大切です。

実際に挑戦してみた結果、私たちは築古物件のリノベーションでも、こういった最新設備の導入を諦める必要はないと考えています。今回の動画はすべてで10タイプ作成していますので、準備が整い次第、皆さまに公開していきます。



現在、こちらのモデルルームはリノベーション協議会が開催中の「Renovation of the year」 にもエントリーしています。よろしければ「いいね!」をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA