ブログ

【速報】こどもみらい住宅支援で最大60万円サポート!

Pocket

2021年11月26日、国土交通省が「こどもみらい住宅支援事業」の創設を発表しました!

これは「子育て世帯・若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図るため、子育て世帯・若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助金を交付する」制度です。



もう少し具体的に、ワンストップやリノベーションをお考えの方へのメリットをご説明させて頂きます。

 

1. ワンストップ(中古物件を購入し、リノベする方)の場合

(A)18歳未満の子どもがいる世帯、または夫婦のいずれかが39歳以下の方であれば、住宅購入と共に省エネ性能を高めるリフォームを実施した場合、最大で60万円

(B)上記以外の方は、省エネ性能を高めるリフォームを実施した場合に最大で30万円。ただし、安心R住宅を購入した場合は最大で45万円

2.リフォーム、リノベーションの場合

・工事内容に応じて、最大で30万円

 

今回の制度は、単純に「住宅エコポイント」のような「景気促進のために、リフォームを推進する」のではなく、子育て支援と同時に「2050年のカーボンニュートラルな社会の実現」を目指しているのが特徴です。



はぴりの!が2022年のオープンに向けて準備している新しいモデルルームも、同じような考え方に基づいて企画されています。

築41年のマンションにも関わらず、最新の断熱工事を実施した結果、ZEH基準をはるかに上回るUa値0.238を実現。既存住宅のイメージを超える断熱性能と省エネを備えたモデルルームとなりました。これだけで、年間およそ8万円も光熱費をダウンできる仕様となっています。

さらに、断熱だけでなく「空気質改善」にも着目し、花粉や黄砂、PM2.5などが室内に侵入しにくい仕組みを取り入れることで、アレルギーやヒートショックの要因を減らし、健康に暮らせる室内空間を実現しています。



これからのリノベーションは、単に「おしゃれな空間づくり」を提案するソリューションではありません。社会全体に有益であると同時に、生活者の安心と安全、そして満足度を高めるために必要不可欠な社会のインフラとなってくるはずです。

これからマイホーム購入をご検討中の方、またリノベーションを検討中の方は、ぜひ一度「初めてのマイホーム探し&リノベーション相談会」にご参加ください。こういった最新の情報も含めて、お客さまに役立つ情報をお届けさせて頂きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です