暮らしと仕事を両立させる家
暮らしと仕事を両立させる家

Enjoy at Home vol.04

暮らしと仕事を
両立させる家

2020.09.01

  • photo : Norito Nagatomo

Enjoy at Home

これからの暮らしの在り方を先取りした実例をご紹介する Enjoy at Home プロジェクト。今回は、在宅で仕事をするウェブデザイナーさんのお家です。家族がストレスなく暮らせて仕事にも集中できる、そんな職住隣接の家づくりについてお話を聞きました。

ご主人

フリーランスでウェブ制作の仕事をやっています。
10年前に独立してからずっと自宅で仕事をしてきましたが、
結婚して子供もできて、これまでの賃貸住宅だと
どうしても仕事と生活を分けづらくなってきました。

それで「そろそろ事務所を借りたほうがいいかな?」と、
妻に相談しました。

奥さま

私も最初はそれがいいと思ったんですけど、
事務所を借りると、当然支払いは増えます。
それなら「買う」という選択肢もあるんじゃない?
という話になったんです。

そこからは購入も視野に入れて考えるようになり、
最終的に出した答えが「中古リノベ」でした。

ご主人

中古リノベーションなら、
今の家賃と変わらない支払いで、
「仕事と生活を分けやすい家」が
つくれるかもしれないと思ったんです。

そして見つけたのがこの家です。
築40年の古いマンションでしたが、
何より110㎡ある広さが魅力的でした。

▲リノベーション前の間取図。これを見た瞬間、「洋室1」を仕事部屋にするイメージがすぐに沸いた。

▲玄関から入って右側が仕事部屋。土間で隔てたことにより、仕事空間の独立性が確保された。

▲土間の縞鋼板が、仕事と生活の境界線の役割を果たしている。

ご主人

玄関を土間にするプランは、
はぴりのさんから提案してもらいました。
靴を履いて移動しないといけないので、
オンオフの切り替えがしやすいんです。

奥さま

2歳の子供が、主人の仕事部屋へ
押しかけることもほとんど無くなりました。
以前は仕事を中断させてしまわないよう、
子供を制止するのが大変だったから、
私もすごく助かっています。

ご主人

日中、妻と子供が過ごす空間と程よい距離もでき、
仕事に集中できる環境になりました。

家族との時間をたくさん作れて、
仕事にもしっかり打ち込める。
自分にとって理想的な家ができました。

▲仕事部屋は壁2面を躯体現しにした。室内窓はリクシルのデコマド。メインデスクはokamuraの上下昇降式デスク「スイフト」を愛用している。

▲堅牢なつくりに定評があるイキクッカの本棚には、デザイン書やイラスト集、写真集などが並ぶ。

奥さま

リノベーションは基本的に、
シンプルにしようと思いました。
間取りも大きくは変えていません。

白い箱をつくって、そこに家具や好きなものを入れて、
自分たちらしい空間ができたらいいなと考えました。

ご主人

ぼくも妻も、ピカピカの家というよりは、
築40年の古さをどこかに残しているような、
そんな家にしたいという思いがありました。

あとは家族みんなが暮らしやすいこと。
それをはぴりのさんがカタチにしてくれました。

▲風通しのいいリビングは、梁を躯体現しにした。「アクセントになっていて気に入っています」と奥さま。

▲壁面収納に、みんなが好きなものを置いて楽しんでいる。色鮮やかなマティスのアートポスターが目を引く。

▲「ソファに座ってみんなで映画を観たり、本を読んだりするのが、我が家のEnjoy at Homeです」

▲絵や植物が映えるよう、壁紙とカーテンは白で統一。

▲前の所有者さんが残していった照明器具。「”継承”がぼくたちの裏テーマでした」

▲リラックスタイムはモダンジャズをレコードで。

▲リビングの一角につくった子供用スペースには、宝物がいっぱい。

奥さま

わたしはキッチンが一番気に入っています。

料理の時間は自分にとって、
大切な「ひとりの時間」。
料理に集中しやすい壁付けにしました。

奥に収納スペースを広く取ったことで、
料理本や私物をいろいろと収納できるし、
キッチンは自分の部屋みたいな感じです。

冷蔵庫はみんなが使いやすいことを最優先して、
手前にどーんと置いたんですが、
これは本当に大正解でした。

▲使いやすさを重視して選んだTOTOのキッチン。上部の造作棚は、切った野菜や洗い物を置いたり、料理道具を吊り下げたりと大活躍。

▲「気に入った器を少しづつ集めていくのが楽しいです」と話す奥さま。料理の時間は大切な「自分の時間」だ。

▲念願だったウォークインクローゼット。快適に暮らすため、寝室にも広めの収納スペースをつくった。

▲誰かが入浴中でも洗面所やトイレを気兼ねなく使えるよう、脱衣所にIKEAのシャワーカーテンを設置した。

▲空が広く見渡せて、緑地も見えるこの景色が、夫婦共に気に入っている。

ご主人

実は、はぴりのさんとはもともと
仕事でのお付き合いがあったんです。
代表の山崎さんの考え方や、
その仕事ぶりを見てきて信頼していたので、
家を買おうと思った時、迷わず相談しました。

奥さま

はぴりのさんが物件のことを丁寧に調べて、
買うべきかどうかをジャッジしてくれたので、
私たちもすごく安心でしたし、
自信を持って買うことができました。

ご主人

築40年という古さも含めて、
この家をすごく気に入っています。
住人の皆さんもこのマンションを
愛しているのがわかるんです。

前オーナーさんから受け継いだこの家を、
自分たちも大切にしながら、
暮らしていきたいと思っています。

間取り

間取図

物件情報

所在地
福岡市南区
物件価格
非公開
リノベ費用
920万円
築年月
1980年3月
広さ
110.03㎡
間取り
3LDK+S

はぴりのスタッフ

どんなに素晴らしい「家」も、住む人の幸せがあってこそ。リノベーションはあくまで手段であり、目的ではありません。そんな思いを、改めて認識できるご家族に出会えました。

昭和の時代には「24時間働けますか?」と皆で歌い、世界から「ワーカホリック」と言われた日本人も、ついに仕事と生活のバランスを意識するようになりました。

家族が元気に、毎日笑顔で暮らせる家を、ムリのない支払いで購入できる。そんな当たり前の「夢」が叶う社会を、私たちはたくさんの仲間と、そして当社を選んで頂いたお客さまと共に目指していきます。