夫婦ふたりで暮らす遊び心のある家
夫婦ふたりで暮らす遊び心のある家

Enjoy at Home vol.06

夫婦ふたりで暮らす
遊び心のある家

2021.01.05

  • photo : Norito Nagatomo

Enjoy at Home

これからの暮らしの在り方を先取りした実例をご紹介する Enjoy at Home プロジェクト。今回は、自転車が趣味のご夫婦が、築45年の団地をリノベーションしたお家です。ハンモックや黒板を取り入れた、遊び心のある家づくりについてお話を聞きました。

▲明るくて広いリビング。3LDKだった間取りを、夫婦ふたりの暮らしに合う2LDK+書斎にリノベーションした。

奥さま

結婚して10年以上が経って、
これから先の二人の人生を考えると、
そろそろ自分たちのライフスタイルに合った
家が欲しいと思うようになりました。

そんな時、はぴりのさんと
この物件に出会ったんです。

ご主人

価格も手頃で広さもちょうどよく、
自転車を出し入れしやすい
1階というのも魅力的でした。

もともとすぐ近くの賃貸に住んでいて、
静かで暮らしやすい環境を気に入っていましたし、
同じ団地内ではぴりのさんが
カッコよくリノベしている実績があったのも、
この物件の決め手のひとつになりました。

▲自転車を4台収納している玄関土間。「ロードバイクをカッコよく飾れる土間は憧れでした」と奥さま。

▲ライティングにもこだわった玄関は、広くて開放的な空間になっている。

▲自転車の壁掛けラックは、工具を使いDIYで設置した。

▲休日にはよくサイクリングを楽しむお二人。「適度な運動と、カラダにいい食事を心がけています」

奥さま

リノベーションに関しては「こうしたい!」
という明確なイメージがあったので、
壁紙や素材選びなどは迷わなかったです。
ぱぱぱっと決めていきました。

ご主人

決めるのは本当に早かったよね。
一番最初に購入した備品は、
なぜかハンモック(笑)。

奥さま

新しい家にはハンモック!って決めてたんです。
ブラインド越しに夕日を浴びながら
ハンモックに揺られているとほっこりします。

友人を呼んでわいわいするのも好きなので、
キッチンはアイランド型のキッチンにしました。
リビングは広く使えるようにソファは置かず、
簡単に移動できるロッキングチェアを使っています。

チョークで描ける黒板の壁紙や、
明るい黄色の壁紙など、
毎日ハッピーな気持ちになれる
「遊び心のある家」になったと思います。

▲リビングで存在感を放つ関家具の一枚板テーブル。脚の高さを上げて使うこともできる。

▲薬院のRED GOOD SPEEDで購入したハンモックは、オーガニックコットンを使い、ひとつひとつ手作りされている逸品。

▲個性的なデザインの壁掛け時計は、修理をしながら大切に使っている。

▲白の帆布がおしゃれなNychairのロッキングチェア。コンパクトに折りたためるのでアウトドアでも活躍中。

▲チョークで描ける黒板式の壁紙。レシピを書いたり、季節のイラストを描いたりして楽しんでいる。遊びに来る友人たちにも好評だ。

▲窓からは豊かな緑が見える。「ブラインド越しに夕日が差し込んでくる時間が好きなんです」と奥さま。

▲はぴりの担当者とイメージ共有に使用したPinterest。細かな要望やイメージが手描きで添えられている。

ご主人

はぴりのさんは物件購入からリノベまで、
ワンストップでお手伝いをしてくれたので、
とても心強かったです。

特に「家を買う」という一番不安なところを、
しっかりとサポートしてくれたのは
本当に有難かったですね。

奥さま

身の丈にあった資金計画を立ててくれて、
「あ、私たちも本当にマイホームが買えるんだ」
とリアルに感じることができて、
うれしくなりました。

ご主人

デザイン面でも、他社さんは割と
テイストが偏っている印象でしたが、
はぴりのさんは柔軟な姿勢で、
私たちの希望を汲み取ったうえで
提案してくれたので良かったです。

奥さま

何かを買う時って商品も大事ですけど、
「だれから買うのか」というのも大事ですよね。
はぴりのさんだから、家という大きな買い物も、
気持ちよく買うことができたんだと思います。

▲ご主人お気に入りの書斎。好きなものに囲まれた「男の秘密基地」だ。

▲「コロナ以降、在宅ワークの機会が増えたので、書斎を作っておいて本当によかったです」とご主人。

▲お互いの存在を感じながら、それぞれが好きなことをできる空間になっている。

▲キッチンは奥さま一番のお気に入り空間。トクラスの人造大理石カウンターキッチンにはあえてコンロを設置せず、移動式のIHヒーターを使うことで広い作業スペースを確保している。

▲黄色の壁紙がキッチンを明るく演出している。

▲照明器具も各空間にあわせてセレクト。

▲キッチン同様、トイレにも黄色の壁紙を使って明るい空間に仕上げた。

▲洗面室は清潔感のある白でシンプルにまとめた。

▲遊びに来た友人家族といっしょに記念撮影。この家で暮らすようになって、人を招く機会が格段に増えたという。

ご主人

以前は頻繁に外食をしたり、
カフェに行ったりしていましたが、
この家で暮らすようになってからは
めっきり減りました。

もちろんコロナの影響もありますが、
家の居心地がいいから、
わざわざカフェへ行く必要が無いんですよね。

書斎でゆっくりと珈琲を飲みながら、
好きな漫画を読んでいるほうがいいんです。

奥さま

この家で暮らすようになってから、
友人たちを招く機会がぐっと増えました。
みんな居心地がいいと言ってくれるんです。

賃貸の時よりも毎月の支払いは安くなりましたし、
本当に買ってよかったと思います。

これからも自分たちで少しづつ手を加えたりして、
楽しみながら暮らしていきたいです。

間取り

間取図

物件情報

所在地
福岡市城南区
物件価格
880万円
リノベ費用
920万円
築年月
1975年2月
広さ
79.13㎡
間取り
2LDK+書斎

はぴりのスタッフ

不動産売買は売物件があってこそビジネスがスタートするため、どうしても売主の方を向いた仲介会社がほとんどです。

しかし、当社は買主様の代理人として、物件の良いところだけではなく弱点も共有させて頂き、お客さまが「正しい情報に基づいて判断するためのサポーターでありたい」と考えています。

人生80年と言われる時代、ご夫婦の年齢や暮らし方に合わせて、ベストなマイホームのあり方は当然変化します。だからこそ、大切なのは家族全員が快適に暮らせる場を、資金的に無理をせず実現することではないでしょうか。