ブログ

ミーレの食洗機で家事効率をアップしよう

日本メーカーのシステムキッチンには「なかなか取り付けられない食洗機」としても知られてするドイツ製「ミーレ」の食洗機ですが、世界的にはとっても人気の商品なんです。


特徴は「とにかく大きくて、使いやすい!」ということ。幅60センチのタイプを取り付ければ、大家族でも心置きなく食器や調理器具を洗うことが可能です。もちろん銀製品や竹、漆器など、使用の際に注意すべき素材はあるものの、それは日本メーカーの食洗機でも一緒です。

先日、施工例にも追加させて頂いた「家族6人がのびのびと暮らせる79㎡」でも、ミーレの食洗機を設置させて頂きました。


こちらのお宅のキッチンの高さは標準的な85センチ高ですので、天板の下すべてが食洗機ということになります。ドアを開けてみると、このような感じです。


ドーン!!

一言で表現するならば「ミーレ、半端ない」というところでしょうか。引き出してみると、さらにその収納力が伝わります。


このサイズで、家電製品の用量表記としては160ℓです。一般的な国内メーカーのビルトイン食洗機は40〜60ℓサイズですので、いかに巨大かが分かります。


ちなみにこちらは「最上階の特性を活かしたロフトと4mの開放感」と言う施工例でご紹介しているキッチンです。


オトナかっこいい雰囲気のお宅にも、大容量のミーレの食洗機を設置させて頂いております。導入理由の一つは「ワイングラスの洗浄に向いているから」とのこと。


確かに、ミーレのホームページにはリーデル社のオススメコメントが掲載されていました。繊細な取り扱いが求められるワイングラスの洗浄に向いていることからも、品質の高さが伺い知れます。


もちろん、これだけの大容量の食洗機ですので価格も相応です。お客さまの価値観によっては、その「魅力」の感じられ方が異なる製品だと思います。ですが、扇風機にはダイソンがあり、掃除機にはルンバがあるように、国内メーカー以外の製品にも目を向けると、選択の幅が広がるのも事実です。

 

はぴりの!ではお客さまの多様な価値観を大切にしながら、一人ひとりのお客さまの「オンリーワンのマイホーム作り」をお手伝いさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA