ブログ

中古 + リノベ + IoT = これからのいいくらし

現在、工事が着々と進行している新モデルルームですが、協力をいただいてるパナソニックさんのおかげで、中古マンションとしては異例とも言える内容でIot時代を先取りした設備が導入されています。



企画書ベースではなかなか伝わらないので、箇条書きで「Iotで出来ること」の一部をお伝えさせて頂きます。

AiSEG2を導入し、宅内のさまざまな家電機器などをコントロール可能

・宅外にいてもスマホで来客の確認ができる外でもドアホン

・宅外から照明器具やエアコンをコントロールできる

・宅内の電気使用量の特徴(どの器具でたくさん電気を使っているか)が確認できる

・電気容量を超えそうな時はアムーラでお知らせしてくれる

・Google Homeなどで音響機器や照明器具がコントロールできる

などなど、最新のIot対応製品が制御しやすいよう準備されているのと同時に、宅内の無線環境や有線LANもしっかりとレイアウトを考えて配線しています。


上記写真内の「黄色」の配線がLANケーブルなんですが、工事を担当している電気の職人さんも「リノベーションの現場で、こんなにLAN配線を敷設したことはない!」と驚くほどの敷設量になっています。

もちろん、なかなかインテリアにそぐわないルーターなどインターネットの設備端末は、普段の生活では目に触れることのないよう、リビング収納内に専用の設置スペースを準備しています。


また、今回のモデルルームではIoT導入と同時に、中古マンションでは珍しく「宅内設置型のエコキュート」をレイアウトしています。

元々は下記図面のピンクの位置に電気温水器が設置されていたのですが、今回のフルリノベーションに合わせて電気代が大きく下がるエコキュートへの置き換えを行いました。



エコキュートは電気温水器と比べて大きくランニングコストは下がるものの、どうしてもヒートポンプユニットと言うエアコンの室外機のような機械の置き場が必要なので、バルコニー付近でないと設置が難しいんです。


今回のリノベーションでは一旦宅内をすべてスケルトン状態まで解体し、床下のスペースを組み直しています。そこに配線や配管をすべてリプレイスしたことで、今回のような大掛かりな工事が可能となりました。

中古物件だからといって、最新のIotや便利な機器が「使えない」のでは魅力も半減です。そこに住む人が特段意識をしなくても、日々の生活を便利に支えてくれる技術こそ、本当にユーザーが求めているのではないでしょうか。

今回のモデルルームでは「見える部分」でワクワクする場を目指しているだけでなく、「見えない部分」でもお客さまに喜ばれる仕様をたくさん導入予定です。

パナソニックさんの協力を得ながら、はぴりの!が新時代に向けて提案する「Enjoy at Home」を体感できるモデルルームが来月中には誕生する予定です。

私たち自身も、皆さんをお迎えできる日を楽しみに工事を進めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA